[Sponsored Link]

計算する

「設定サンプル選択」を選ぶと1行字数・1ページ行数・段数が自動入力されます。 字数・行数・段数は個別に設定可能です。
更に算出されたページ数から、本文用紙に応じた背幅を雑に算出します。計算後は本文用紙を変更すると背幅が切り替わります。
その他細かいことは注意書きをご覧ください

※会話の前後を空けたりする場合は「多い」にする

※本文以外のページを計算結果に加算します。デフォルトは奥付1p分

計算する!

結果をツイート

ページ数 約 0 ページ

 背幅  約 0 mm

ページ差 0

このツールについて

「書いている小説が何ページくらいになるのか分からなくて不安…」
「予約を取ろうとしてもページ数が分からないと予約しにくい…」
「デザインやイラストを頼みたいけどページ数が予想出来ないと…」
「背幅が予想出来ない…」

という方向けに、文字数からページ数と背幅をざっくり概算出来るように作りました。

注意事項

  • あくまで概算です。参考程度にどうぞ。
  • 実際のページ数との誤差±10目指してますが、人によってはめっちゃ誤差出ると思います。作った人は実際のページ数より多く出る方が望ましいと思っている。計算式調整検討中。
  • 書き終わってなかったら予想出来る最終文字数で計算しましょう。
  • 不安な場合は算出されたページ数より多めに書いて予約するといいと思う。
  • 背幅計算は数字を見てニヤニヤするための機能です。正確な背幅を計算するためのものではありません。
  • 原稿を作るときは必ず印刷所の計算式や背幅計算機を使ってください。同じページ数同じ用紙を使っても、印刷所ごとに背幅が異なるのを確認しています。
  • 設定サンプルに仕上がりサイズを記載していますが、これは「このサイズだとだいたいこういう設定が使われていることが多いよ」的なものなので、ページ数計算自体には仕上がりサイズは全く関係ありません。参考になるものがない場合は、字数・行数・段数はご自身のお好みの設定に変更してください。
  • 不具合報告や用紙追加希望についてはTwitter匿名メッセージに連絡下さい。
  • このツールを使用したり、計算結果を使用したことによるトラブル等に対して、このツールの作者は一切の責任を負いません。
  • このツールが役に立ったらgifteeでお茶とかおごっていただけると嬉しいです。作業のおともにします。

参考情報

計算した結果「薄いなぁ」と感じる人や、そもそも項目をどう設定したらいいのか分からない人への参考資料です。

このツールをSNSへ共有

更新履歴

  • 2022.08.13-2 用紙紙厚を印刷所が表示している数字に統一。一部用紙の紙厚の数値が誤っていたので修正
  • 2022.08.13-1 用紙一覧の全ての項目に紙厚を表示。OneBooksの新規用紙を追加
  • 2022.02.18-1 1番上の取説文を少し手直し。参考資料へのリンクを追加
  • 2022.01.11-1 用紙一覧にOneBooksの用紙を追加。
  • 2021.10.21-1 用紙一覧に美弾紙シリーズ追加。(注意書きも読んでね!)
  • 2021.10.15-1 ページの下の方にお宣伝コーナー入れました(てへ!)
  • 2021.10.11-2 事務ページ数0を選択可能に(デフォルトは1のままです)
  • 2021.10.11-1 配布中のアンソロテンプレの設定を「設定サンプル」に追加。
  • 2021.04.21-1 紙厚から雑に背幅を算出する機能追加、画面レイアウトちょっと整理、ページ差を正負逆転(現Verから「計算結果 - 実ページ」にした)
  • 2019.11.03-2 暫定で改行「少なめ」「ちょっと多め」を追加。
  • 2019.11.03-1 ツイート時、最後に計算した結果をツイートするように修正
  • 2019.11.02-2 実ページとの差も取れるようにした
  • 2019.11.02-1 計算式微調整、ツイートボタン設置
  • 2019.11.01-2 テンプレート選択実装
  • 2019.11.01-1 文面などの細かな修正
  • 2019.10.31-1 リリース

おまけ

ページ数計算式

これまでに組版させていただいた小説の文字数とページ数などから計算式を作りました。
近い数字は出ますが、一致させるのが目的ではないので本当に参考程度にしてください。
計算式を調整中です

文字数 ÷ (1行字数×行数×段数 × 改行の多さ(※1))×1.1(※2)

※1:実際は埋め率。「標準」は80%~87%、「多い」は70%~83%。
   空行が多いページ数を考慮した本文全体の平均値として使っている(割合調整中)
※2:文字数が増えるほど誤差が増えるので10%上乗せすると近い数字になる(割合検討中)
※※:20万字を超える場合、計算結果に10を加算してる(境界との差が出まくるので加算自体を検討中)

背幅計算式

=(ページ数(※1) ÷ 2) × 紙厚

※1:奇数の場合は+1する
※※:計算後、小数第3位を四捨五入する

現在の検討内容

  • 計算式を変えたい(迫真)

お宣伝のコーナー

Word用小説テンプレート配布・販売してます

「小説同人誌あるある」な悩みを解決する小説本文用テンプレートを配布・販売しています!
無償版でも「標準」「見出し 1」スタイル設定済。

小説本制作受注しております

とにかく速く作る「スピード」プラン、おまかせ可能な「らくらく」プラン、作りたいを全部作る「コダワリ」プランの3種をご用意。
「らくらく」「コダワリ」はオプションで表紙(カバー)も作れるので、小説本を「まるごと」作れます!

フォント本(再版)販売中!

「小説同人誌向け明朝体フリーフォントまとめ」を、小説として組んだ時にどんな感じなのか? を見るための本を作りました!
A5/A6版それぞれの組版設定を記載した補遺ペーパーもついてます☆
フォント選びのお供にどうぞ!

[Sponsored Link]